中性脂肪が高いとどうなる?

中性脂肪が高いと、私たちの体はいったいどのようになってしまうのでしょうか?中性脂肪値は高いけれど、そのまま放置している… でもどうなるか気になる… という方のために、ここでは中性脂肪値が高い場合、どのような病気を引き起こすことがあるのかご紹介してみたいと思います。

実は、中性脂肪値が高くても放置する方が多いわけは、すぐに重大な病気には発展しないからなんです。ちょっとずつ、徐々に血管に負担がかかってきて、気が付いたときには重大な病気の発生、ということがよくあるパターン。

中性脂肪が高いとまずは脂質異常から始まり、動脈硬化、それから血管系の血管内が詰まったり切れたりする病気にかかるのが流れと言えそうですね。実は、脂質異常だけではあまり体に異常を感じることがないので、そのまま放置する方が多いのです。早め早めに危険な状態と思って注意をしていれば、中性脂肪を少なくすることも可能なのです。

中性脂肪が高いとおこる症状

脂質異常症

高脂血症とも呼ばれている脂質異常は、その名の通り血中に中性脂肪やコレステロールが必要以上に存在してしまっている病気で、中性脂肪の値が150mg/dl以上、LDLコレステロールの値が140mg/dl以上、HDLコレステロールの値が40mg/dl未満、総コレステロールの値が220mg/dl以上で一つでも当てはまると、脂質異常と診断されます。

実は運動不足や脂肪分の多い高カロリーの食事、糖分の取りすぎ以外に、喫煙、アルコールの過剰摂取、遺伝的要素もあります。コレステロール値の改善には、コレステロールの高い食品を抑えて、コレステロールを下げてくれる効果のある食品を摂取するようにしましょう。合わせて、ビタミン、ミネラル、食物繊維が摂取できるように心がけましょう。もちろん、運動も並行して行うことが大切。継続が大切なので、軽い運動を楽しんで行えるように工夫しましょう。

動脈硬化

血液がどろどろになると、動脈硬化を引き起こします。実は中性脂肪が動脈硬化を引き起こすわけではなく、症状を促進させる働きをしてしまうのだそうです。悪玉コレステロールが増えてしまい、血管にへばりついてどろどろの血液が詰まってしまい、脳梗塞や脳出血など、脳卒中、さらには狭心症、心筋梗塞などが心配されるのです。


他にも怖い病気につながりえますので、適度な運動、食生活の見直し、飲酒を控えるなど工夫をして、対策を立てていきましょう。

ページのトップへ▲

中性脂肪について
中性脂肪の基準値
中性脂肪高い原因
中性脂肪が高いとどうなる?
中性脂肪が低いとどうなる?
中性脂肪を正常値にもどす方法
中性脂肪サプリ
高コレステロール血症について
コレステロールについて
コレステロールと中性脂肪の関係
コレステロール下げる食事
コレステロール下げる食品
コレステロール高い食品