コレステロール下げる食品

コレステロールは、体に大きくかかわってきます。というのも、悪玉コレステロールが増えて善玉コレステロールが減ってしまうと、脂質異常症といった怖い病気を引き起こす要因になりえるから。脂質異常症は、遺伝子異常や糖尿病などで引き起こされることもありますが、8割以上は生活習慣に関連して発症するそうですよ!生活習慣病の素、と言えちゃうかもしれませんね。

脂質異常症の予防とは?

脂質異常症は過食、脂質の多い食品の食べ過ぎ、運動不足、肥満などで発生するといわれていますが、予防対策を練れば予防できる病気でもあるんです。それは、食事はバランスよく摂取すること、一日の食べる量の総エネルギー量を抑え、適正な体重を保つこと、それに動物性脂肪など飽和脂肪酸を1としたら、植物性脂肪や魚の油などが含まれる不飽和脂肪酸を1.5〜2の割合でとることなどが大切と言われています。他にも、ビタミンやミネラル、食物繊維もしっかりとること、高コレステロールの人は、コレステロールを多く含む食品を控えること、中性脂肪が高い人は、砂糖や果物などの糖質と、お酒を減らすこと、などがあげられます。

コレステロール値が高い人はどうすればいいの?

コレステロール値が高い方はどのようにコレステロールを下げればよいのでしょうか?コレステロールの値を上げるといわれている食品は、不飽和脂肪酸を多く含んでいる食品なんですよ。まずは、コレステロール値を上げる食品や、コレステロールを多く含む食品を減らし、コレステロール値を下げる食品は積極的に摂取することがチア説なんですね。

コレステロールを下げる食品とは?

具体的にはどのような食品かというと… 豆腐、みそ、納豆などの大豆製品、ヤシ油とピーナッツ油を除く植物性油、野菜、果物、海藻類、青背の魚がよいとされています。

毎日の食事でわかめのみそ汁や豆腐を摂取するようにし、毎食サラダを食べ、おやつは果物などをたべ、おかずは青背の魚を食べられれば完璧ですが、なかなか理想通りにはいかないかもしれません。たとえば魚の油を摂取するには、DHAやEPAのサプリメントを魚を食べない日には摂取する、といった工夫をすると良いかもしれませんね。けれど大豆製品は1日1回、野菜は3食、果物も1日一切れは食べるようにしたいものです。

ページのトップへ▲

中性脂肪について
中性脂肪の基準値
中性脂肪高い原因
中性脂肪が高いとどうなる?
中性脂肪が低いとどうなる?
中性脂肪を正常値にもどす方法
中性脂肪サプリ
高コレステロール血症について
コレステロールについて
コレステロールと中性脂肪の関係
コレステロール下げる食事
コレステロール下げる食品
コレステロール高い食品