中性脂肪とは

私たちがよく耳にする、中性脂肪。ところが中性脂肪とは何か説明できるかと言われたら、説明できない方が多いのではないでしょうか?まずは中性脂肪とは何なのか、中性脂肪についてご紹介したいと思います。

中性脂肪って何?

中性脂肪って何

中性脂肪は、トリグリセリド(トリアシルグリセロール)といい、人が体を動かすためには大切なエネルギー源です。そう、中性脂肪って悪いイメージしかないかもしれませんが、実は私たちの体には大切な脂肪なのです。

食べ物を食べるときに取り込まれる脂質は、小腸から血液に入り、必要な分は使われますが、余ったものは修正志望として蓄えられるので、皮下脂肪、ぜい肉と変わっていくわけです。肝臓でも合成されるので、炭水化物の摂取が多すぎていたり、飲酒でも増えるといわれています。一応内臓を保護したり、体を保温するための働きもしているので、中性脂肪は少しは必要と考えてよいでしょう。

中性脂肪の基準は?

中性脂肪にも基準値があり、血の中の中性脂肪が150mg/dl以上となると脂質異常症(高中性脂肪血症)と言われ、注意されるかと思います。中性脂肪が基準値を超えていると何がいけないのかといえば、動脈硬化や脳卒中などが関係してくるからです。血がどろどろになるため、心筋梗塞や、狭心症、脳卒中など、血管が詰まって怖い病気にかかるリスクも高まります。アルコールだけではなく、食べ過ぎの肥満、炭水化物、糖分の取りすぎても引き起こされるので、食生活を見直す必要があります。タンパク質、糖分、炭水化物の取りすぎには十分気を付けましょう。

中性脂肪が原因になりえる病気

中性脂肪が多すぎるとかかりやすくなる病気は、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症などでしょう。それに肝臓がフォアグラ状態になることから、肝硬変、肝臓がんも考えられます。逆に、中性脂肪が低すぎるとめまいや偏頭痛を引き起こすことも!さらには、肝臓や腎臓の機能低下や、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)など、怖い病気が隠れている可能性もあるそうです。

中性脂肪はDHA&EPA?

サプリメントで摂取できるDHA&EPA。青魚に含まれていることが有名ですが、毎日魚はちょっと、という方、魚は苦手という方は、サプリメントで摂取してみるのもよいでしょう。DHA&EPAは、中性脂肪を下げる働きが期待できるといわれていますよ。
中性脂肪を下げる方法検証中

血液検査で中性脂肪がわかる

中性脂肪について危機感のある方は、ぜひ血液検査を受けてみましょう。血液検査では、中性脂肪値がわかります!ここでは、中性脂肪の調べ方についてご紹介したいと思います。

中性脂肪を調べる前に…

糖質、炭水化物、動物性脂肪などが原料として肝臓で作られる、中性脂肪。中性脂肪が過剰すぎると、動脈硬化から怖い病気を引き起こすトリガーにもなりえますので、注意が必要です。もちろん、肥満の方ほど中性脂肪値は高く、比例しているといわれています。肥満のほか、食べ過ぎだったり、運動不足気味の方、お酒の摂取で中性脂肪は高くなりますので、生活習慣の改善が大切になります。

検査で調べること

総コレステロール(TC)

数値が高いと、動脈硬化、脂質代謝異常、甲状腺機能低下症、家族性高脂血症などが疑われるそうです。低い場合は、栄養吸収障害、低βリポたんぱく血症、肝硬変などが心配されます。

  • 異常 139以下
  • 基準範囲140〜199
  • 要注意200〜259
  • 異常 260以上
  • (単位 r/dL)
  • HDLコレステロール

    数値が低いと、脂質代謝異常、動脈硬化が疑われます。

  • 異常29以下
  • 基準範囲
  • 要注意30〜39
  • 異常40〜119 120以上
  • (単位 r/dL)
  • LDLコレステロール

    LDLコレステロールが多すぎると動脈硬化を進行させるため、心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性を高めるそうです。

  • 要注意59以下
  • 基準範囲60〜119
  • 要注意120〜179
  • 異常180以上
  • (単位 r/dL)
  • 中性脂肪(TG)(トリグリセリド)

    数値が高いと動脈硬化、低いと、低βリポたんぱく血症、低栄養などが疑われるそうです。

  • 要注意29以下
  • 基準範囲30〜149
  • 要注意150〜399
  • 異常400以上
  • (単位 r/dL)
  • 検査から何がわかるの?

    糖尿病、肥満、糖・脂質代謝に異常をきたす疾患を、推測することができるようになるそうです。血清脂質に異常が認められたときや、家族性高コレステロール血症や遺伝性脂質代謝異常、二次的にトリグリセリドの異常をきたす疾患なども推測できるそう。

    血液検査で推測される病気

    コレステロール値が高値の場合
  • 一次性
  • 高カイロミクロン血症、LPL欠損症。

  • 二次性
  • 糖尿病、肥満、動脈硬化、痛風、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、ネフローゼ症候群、閉塞性黄疸、急性・慢性膵炎など

    コレステロール値が低値の場合
  • 一次性
  • 無β−リポ蛋白血症、低β−リポ蛋白血症など

  • 二次性
  • 甲状腺機能亢進症、下垂体機能低下症、肝硬変、アジソン病など

    コレステロール検査を受けるときの注意

    正確な数値を得るためには、12時間以上の絶食が必要で、朝空腹のときに採決することになるそう。前日に食べ過ぎたり、飲酒したりすると測定値が大きくなるそうですし、副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤や経口避妊薬でも高値になるそうなので、当てはまる方はお医者さんに自分から伝えるようにしましょう。また、結果についても検査方法や測定方法、測定機器、用いる試薬、単位などにより値が異なるそうなので、慌てず、神経質になりすぎないようにとのことです。

    ページのトップへ▲

    中性脂肪について
    中性脂肪の基準値
    中性脂肪高い原因
    中性脂肪が高いとどうなる?
    中性脂肪が低いとどうなる?
    中性脂肪を正常値にもどす方法
    中性脂肪サプリ
    高コレステロール血症について
    コレステロールについて
    コレステロールと中性脂肪の関係
    コレステロール下げる食事
    コレステロール下げる食品
    コレステロール高い食品